妊娠中、赤ちゃんに良い食事が良い歯を育てる


gahag-0110220437-1

妊娠中の栄養と食事も赤ちゃんの将来の歯にとても重要な一因となります。
いい食事が良い歯の赤ちゃんにつながるのです。
今回は赤ちゃんのいい歯をつくる妊娠中の食事について考えていきましょう。

 

ポイントは赤ちゃんの歯をすくすく育てる正しい食事をとりつつ、

良い赤ちゃんの歯を形成することができる食生活のリズムを妊娠中に整えておくということが大事です。

 

赤ちゃんを迎えるにあたり食生活の基盤を見直そう

赤ちゃんのためにに今の食生活を見直す必要があります。
この食生活は子供の次の世代にも受け継がれるものですきちんとプランを立てましょう。

  1. 三食規則正しい食生活
  2. いろいろな食品をバランスよく食事はゆっくりよく噛んで
  3. 糖分・塩分・脂肪分を控えめに
  4. カルシウムを普段から十分に
  5. きちんとした歯磨き習慣を整える

まず、この5つの習慣を整えましょう。

育児方針を家族と話し合いましょう

例えば甘党にしない育児方針を家族と話し合い、何歳まではアメやチョコレートあげないと言うふうに決めておきましょう。
また生まれてみないとはっきりとした計画は立てられませんが、母乳育児に対する取り組みをどれぐらいするのかも考えておきましょう。
ママもパパもだんだんと母親父親になっていくものなので生まれる前からパパもママも心構えをしっかり勉強しておくようにしましょう。

妊娠中の食生活と子供の虫歯は関係あり

妊娠中の母親の食生活から体内に吸収された栄養素は、胎児の歯の成長に関係します。
乳歯の質に影響があるのです。
特に歯の形成に必要な栄養素である、良質のタンパク質、カルシウム、ビタミンC・Dなどが不足しないよう心がけましょう。

また虫歯を作りやすい生活習慣をパパやママがしているとそのままそれは子供に伝わっていき子供も虫歯になりやすい生活習慣を繰り返すようになります。
そのため、虫歯量多いご両親は特に気をつけて生活習慣、たとえば歯磨きや食べ物の嗜好を見直して赤ちゃんの歯が健康に育つ環境作りをすることも忘れないようにしましょう。

いかがでしたか妊娠中の食生活と食事環境を整える事は赤ちゃんの歯に思ったよりもダイレクトに影響してきます。
歯は一生ものです。乳歯であっても虫歯があっては大人の歯にまで影響が出てくることもあります。しっかり赤ちゃんの歯に対して意識しましょ!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ